ディーラーには無い車買取店のメリットと現金化

ディーラーには無い車買取店のメリットと現金化

車の買取専門店は、しばしばディーラー店と比較されます。買取の情報サイトなどを見てみると、その2つのタイプの車が比較されている事は本当に多いですね。
各サイトでは、主に金額の高さが比較されている傾向があります。買取専門店の方がディーラーよりは高いという話が強調されている事が多いのですが、実はそれ以外にも違いがあるのですね。換金が可能か否かです。

 

ディーラーと違って現金を手にする事ができる買取店

 

そもそもディーラー店での下取りというのは、いわゆる換金と異なります。確かに車の売却をする事にはなるのですが、それを現金化する訳ではありません。
下取りという手続きは、あくまでもディーラー店での新規購入が前提になるのです。つまりディーラー店で新たな車を買う代わりに、今まで持っていた車を売却する行為になります。その際には、ディーラー店から現金が手渡される事はまず無いと考えて良いでしょう。

 

ところで買取専門店では、それがあるのですね。しかも現金化の事例は非常に多いです。
実際買取専門店のホームページを見てみると、即日で現金化などとアピールされている事もしばしばあります。手続きは非常に速やかで、その日の内に現金を受け取る事ができる訳ですね。ですので何かの事情があって車を換金したい方々などは、買取専門店を利用している事も多いでしょう。

 

ところが前述のようにディーラー店の場合は、現金化が発生する事はありません。ですので現金化の可否は、ディーラー店と買取店の大きな違いの1つとも言えるでしょう。そして案外とその違いは大きいと思います。
換金ができるメリットには色々ありますが、例えば何か生活に関わる品物を購入できる点です。買取店にて車を100万で売れば、とりあえず手元には現金が手に入るでしょう。それを用いて美味しい物を食べている方々も、案外多いようですね。また100万円の現金を用いて奥様にバッグを購入してあげている方も、案外多く見られるようです。現金を手にする事ができれば、色々と便利ですね。

 

ところがディーラー店の場合は現金を手にする事ができませんので、上記のように美味しい物を購入する事は不可能ですし、バッグも不可能でしょう。美味しい物でもバッグでもなく、あくまでも新しい車を購入する事になる訳です。
しかも前述のように買取店の方がディーラー店よりも金額が高い訳ですから、それだけ資金的な余裕も生まれるでしょう。換金ができる点も考慮すれば、やはりディーラー店よりは買取店の方が良いと思う次第です。