さて、くるま乗り換えの時期

低年式車でも黒い色ならば高く売れる事も

車買取の金額を大きく左右する要素の1つに、販売された時期があります。いわゆる年式ですね。
もちろん年式が古い車の場合、ちょっと金額は低くなる傾向があります。特に10年前に販売されたような車などは、やはり金額は低くなると考えて良いでしょう。お店によっては買取どころか、有料の引き取りになってしまう事もありますので、注意が必要です。

 

もちろんお店によっては、たとえ10年落ちの車でも高く買ってくれる事があります。低年式車の売却をする時には、やはりお店選びは大事だと思いますね。

 

色が黒ければ10年落ちでも買取は成立しやすい

 

ところで車買取の専門店は、しばしば買取の事例を公式サイトにてアピールしています。その事例のページを見てみると、各車の年式や走行距離や買取金額などを見る事ができるのですね。お店による買取り金額の目安を知りたい時には、とても便利なページです
ところで私は幾つかのお店の買取金額の事例を見てみたのですが、ちょっと最近面白い点に気が付きました。車の色という要素は、案外と軽視できない一面があると思うのです。

 

というのも買取事例のページを見てみると、しばしば前述の10年落ちの車が売却されている事例を見かけるのですが、それには1つ共通要素があるのですね。それが車の色なのです。

前述のように10年落ちの車は買取金額は厳しくなりがちなのですが、お店によってはそれを買い取ってくれる事もあり、たいていその色が黒い色になっているのですね。つまりボディカラーが黒い色の車は、たとえ10年落ちでも高く売れるケースがしばしばある訳です。ちなみに白色でも、体年式車が高く売れている事例も案外多く見られます。

 

思えば車には人気カラーがありますね。白い色や黒い色の車が高く売れるという話は有名なのですが、それは本当だと思います。上記の車の買取事例のデータが、色の重要度を証明しているでしょう。
そして人によっては、ちょっと古い車を売却したいと思っている事もあります。年式が古い車の場合は売れるかどうかが心配になっている方も多いのですが、それでも試しに査定を受けてみる方が良いでしょう。高く売れる可能性があるからです。

 

とりわけ黒い色の車を持っている時などは、意外と高く売れる可能性がありますね。査定を受ける時には「このタイプの車で黒い色は珍しいですよ」等と査定士の方にアピールをしてみると良いでしょう。その一言がきっかけで数万円ほどアップしている事例もあるようなので、黒い色の車をお持ちの方は自信を持って良いと思います。

車買取のお店は、たまに依頼主に対して電話をしてきます。出張に関する電話が来る事があるのですね。
一括査定サイトなどで情報を送信しますと、たいていは車の買取店と打ち合わせをする事になります。もちろんその打ち合わせの内容が、出張査定の訪問日時ですね。具体的に何月何日の何時頃に来て欲しいかを、約束する訳です。
しかし人によっては、その約束を敬遠したいと思っている事もあるでしょう。業者に何かの問題点があるので、出張査定をお断りしたいという事例も幾つか見られるのです。

 

新規顧客からのオーダーが来たので出張したいという嘘

 

ところで車買取店の営業の方は、その出張査定の日時をかなり執拗に迫っている事もあります。一度断ったにもかかわらず、まだ粘ってくる営業マンもいらっしゃるようですね。
例えばある時に一括査定で、車の情報を送信したとしましょう。そしてある業者から電話がかかってきたとします。
ところがその業者が提示してきた金額などに対する不満があったので、一旦はその場でお断りをしたとしましょう。意外とよくあるパターンですね。
ところが数日後に、その業者からまた電話がかかってくる事があるのです。そしてその際の言い回しが、とても上手な営業マンもいらっしゃいます。買い手が付いたという言い方です。
言い回しは営業マンによって様々ですが、例えば「先日にお伺いした車ですが、どうしてもそれを買いたいと仰る方が来店されました。どうしても車を買いたいと考えていらっしゃるそうなので、改めて出張の日時を打ち合わせしたいと思います」などのニュアンスです。つまり新たな来店客からの注文が来たので、出張査定をお願いしたいという営業ですね。

 

電話の受け手としては、そのような話を聞くと心が揺らぐのではないでしょうか。新規顧客からのオーダーが発生したとなると、思わぬ高値が付く可能性もあるからです。
しかし上記のような話には、ちょっと慎重になった方が良いですね。というのも営業マンが、ちょっと嘘を付いている可能性もあるからです。
そもそも新規顧客からのオーダーは、そう簡単に来るものではありません。たまにそのような事例もあるのですが、確率的には非常に低いのですね。その確率は10%にも満たないと言われています。
ですので上記のような話を持ちかけられても、基本的には過信しない方が良いでしょう。単純に出張査定の為の口実でそのような話をしている可能性があるからです。話を持ちかけられたとしても、毅然とした態度でお断りをするのが良いと思います。
参考にさせていただいたサイト:アルファードの買取・下取りで高確率で高額査定を!

続きを読む≫ 2015/06/19 16:39:19

車の買取専門店は、しばしばディーラー店と比較されます。買取の情報サイトなどを見てみると、その2つのタイプの車が比較されている事は本当に多いですね。
各サイトでは、主に金額の高さが比較されている傾向があります。買取専門店の方がディーラーよりは高いという話が強調されている事が多いのですが、実はそれ以外にも違いがあるのですね。換金が可能か否かです。

 

ディーラーと違って現金を手にする事ができる買取店

 

そもそもディーラー店での下取りというのは、いわゆる換金と異なります。確かに車の売却をする事にはなるのですが、それを現金化する訳ではありません。
下取りという手続きは、あくまでもディーラー店での新規購入が前提になるのです。つまりディーラー店で新たな車を買う代わりに、今まで持っていた車を売却する行為になります。その際には、ディーラー店から現金が手渡される事はまず無いと考えて良いでしょう。

 

ところで買取専門店では、それがあるのですね。しかも現金化の事例は非常に多いです。
実際買取専門店のホームページを見てみると、即日で現金化などとアピールされている事もしばしばあります。手続きは非常に速やかで、その日の内に現金を受け取る事ができる訳ですね。ですので何かの事情があって車を換金したい方々などは、買取専門店を利用している事も多いでしょう。

 

ところが前述のようにディーラー店の場合は、現金化が発生する事はありません。ですので現金化の可否は、ディーラー店と買取店の大きな違いの1つとも言えるでしょう。そして案外とその違いは大きいと思います。
換金ができるメリットには色々ありますが、例えば何か生活に関わる品物を購入できる点です。買取店にて車を100万で売れば、とりあえず手元には現金が手に入るでしょう。それを用いて美味しい物を食べている方々も、案外多いようですね。また100万円の現金を用いて奥様にバッグを購入してあげている方も、案外多く見られるようです。現金を手にする事ができれば、色々と便利ですね。

 

ところがディーラー店の場合は現金を手にする事ができませんので、上記のように美味しい物を購入する事は不可能ですし、バッグも不可能でしょう。美味しい物でもバッグでもなく、あくまでも新しい車を購入する事になる訳です。
しかも前述のように買取店の方がディーラー店よりも金額が高い訳ですから、それだけ資金的な余裕も生まれるでしょう。換金ができる点も考慮すれば、やはりディーラー店よりは買取店の方が良いと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/06/10 20:17:10